生涯身に付けるアクセサリーとして真っ先に思い浮かぶものが結婚指輪だと考える方も多いでしょう。しかし、選び方を間違えると身に付けることが恥ずかしくなったり、億劫になってしまう場合もあります。決して安くない結婚指輪、後悔しないためにどのような基準で選ぶと良いのかをお伝えしたいと思います。悩んでいる方は参考にしてみて下さいね。

指輪の形状

時代や流行に囚われないスタンダードな形状の指輪を選ぶことは、生涯身に付けたくなる指輪を選ぶにあたってその第一歩として考えておきたい大切なポイントです。では、どのような形が一般的なのでしょうか。その種類と特徴をお伝えしたいと思います。

ラウンド型とその特徴

ラウンド型の結婚指輪は、柔らかな雰囲気のアイテムが多く、仕事や家事でも邪魔になりにくいことから、年齢によらず多くのカップルから人気があります。また、こうした形状のアイテムは、リングの中央にダイヤモ…

More Info

フラット型とその特徴

結婚することが決まったならば、早めに結婚指輪を用意しましょう。その理由は、人気が高いブランドの結婚指輪は予約が殺到する傾向が見受けられるからです。まずは、どのような結婚指輪を選ぶのか、カップルで十…

More Info

カーブ型とその特徴

結婚指輪のデザインとは

結婚指輪は結婚式のときに夫婦となる二人が、交換するための指輪になります。 デザインはシンプルなものから、ゴージャスなものまで様々なものがあり、素材も定番のプラチナやゴールドのほかにもいろいろなものを選ぶことができます。また、ダイヤモンドがついているかついていないかなども悩むポイントのひとつと言えます。 特にこだわりたいというの人が多いのが、そのデザインです。 カーブの形ひとつとってもいろいろなものがあり、印象も大きく異なります。 一般的なカーブの形としては、ストレートやウェーブ、V字などが挙げられます。カーブの形によって指の印象が異なってくるため、自分にあったものを選ぶことで指を美しく見せることができるようになります。

カーブの特徴について

結婚指輪を選ぶ場合には、そのデザインの特徴を知っておくと選びやすくなります。 定番のストレートは、文字通りラインがストレートになっている指輪のことを言います。もっともシンプルな形でアクセサリーに慣れていない男性でも抵抗なくつけることができます。 ただし、指輪の丸みによって大きく印象を変えることができ、角ばったシャープな形状ならカジュアルな印象、丸みのある形状であれば落ち着いた印象を作れます。 ウェーブまたはS字と呼ばれるのは、波のようなデザインです。 その曲線によって印象を変えることができるデザインとなっており、特にひねりの入ったものが人気で優しい印象を作ることができます。 V字はラインがくっきりV字になったデザインで指を細く長く見せることができます。

指輪の色

結婚指輪の王道!プラチナシルバー

結婚指輪の色は、大きく分けてプラチナとゴールドの2種類です。プラチナは銀色、ゴールドはその名前の通り金色となっています。日本人のおよそ80%がプラチナの結婚指輪を選択するようです。ゴールドリングは…

More Info

一気にオシャレ度が上がる!イエローゴールド

イエローゴールドは、金に対し銀・銅を混ぜた素材で、プラチナと同程度の強度をもっています。純金のような温かみがある金色の素材で、華やかでゴージャスな雰囲気のイエローゴールドは、実は一般的な日本人の肌…

More Info

周りと差をつけるならコレ!ピンクゴールド

結婚指輪をしている人を見ると、「あぁ、いいなぁ」って思いますよね。そう思うのは、恐らく結婚指輪が愛の証だからです。その人が今、愛し愛されている事が見て分かるからです。愛し合う存在がいるというのは幸…

More Info

結婚指輪はサイズ合わせが重要

結婚指輪とは結婚している男女が薬指に付けるペアリングのことで、結婚していることを周囲に知らせる意味合いもあります。